horse

プラセンタの効果

馬プラセンタとは?希少価値があり高級品と言われる理由

投稿日:

最近よく目にする「馬プラセンタ」。

日本では、ヒト由来のプラセンタは医薬品として医療機関でのみ取り扱われています。

そのほか動物性のプラセンタについては、馬、豚、羊、牛とありますが、牛は狂牛病の感染の懸念から日本では取扱いがされておらず、ヨーロッパで主流の羊プラセンタにおいては日本国内では生産量が少ない現状です。

ついては、馬と豚が主流になりますが、馬プラセンタは希少価値があり、高級品と言われ美容業界でも注目されています。

さてその理由は?

 

馬プラセンタとは?

馬プラセンタとは、馬の胎盤から抽出したプラセンタエキスのことを言います。

 

馬プラセンタが希少価値があると言われる理由

馬プラセンタに希少価値があると言われる理由はその絶対数にあります。

 

1年に何度も妊娠し一度に多数の子どもを産む豚に対して、馬は1年に1度しか妊娠しません。しかも妊娠期間は330日と人間よりも長く、なんと1頭しか出産しないのです。

 

個体数、出産数で比べても、豚よりも馬のほうがはるかに希少価値があると言えますね。

 

さらにプラセンタの原料となる馬は、品質が保証されたサラブレッド種となります。

日本のサラブレッド種は7,200頭ほどですが、胎盤を持てる馬は2,000頭程度と言われています。

2018年地域別生産頭数(速報値)

 

また馬の飼育においても、馬が食する牧草を無農薬にしたりと徹底的な品質管理がなされております。

 

アミノ酸の栄養価が高い

馬プラセンタは、肌にうるおいを与えると言われるアミノ酸が多く含まれています。

また豚には含まれない6種類のアミノ酸(イソロイシン・リジン・ロイシン・トレオニン・メチオニン・フェニルアラニン)が含まれています。

  • イソロイシン…筋肉を増強させる働き
  • リジン…集中力を高める、受精率を高める、単純疱疹の感染予防
  • ロイシン…筋肉の基本的なエネルギー源となる、肝機能向上
  • トレオニン…タンパク質の働きをスムーズにする、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ
  • メチオニン…コレステロールを下げる、精神分裂症・パーキンソン病の治療の助けとなる
  • フェニルアラニン…抗うつ薬的に働く、食欲抑制のサポート

 

免疫力が高いため安全性が高い

馬は病気にかかりにくく丈夫だと言われます。

 

それは馬にはアレルギー反応を引き起こす抗原物質のアレルゲンが少ない体質であることと、デリケートな動物なためストレスを与えないよう伸び伸びとした環境下のもと飼育されているからです。

 

病気を予防するワクチンの投与や抗生剤を受けないので、その胎盤は薬剤の影響を受けることがありません。

 

また体温も牛や豚と比べて5~6℃ほど高いため、寄生虫が住みにくい環境となっています。

 

また馬は奇蹄類(きているい)に属します。

牛、豚、羊はひづめが割れている偶蹄類(ぐうているい)に属し、狂牛病の感染の恐れがありますが、馬は奇蹄類のため狂牛病にかかる心配はありません。

 

馬プラセンタの摂取方法

 

サプリメントで栄養補給

supplement

じわじわと効果を実感したい場合、経口摂取で取り入れるインナーケアが手軽です。

 

注射や肌に直接湿布するケアに比べ即効性はありませんが、サプリメントは時間や場所をこだわらずに摂取できるというメリットがあります。

 

ただし効き目を求めて一度に多量に摂取しても効果は期待できないばかりか、吹き出物やニキビ、下痢などの原因になってしまいます。

 

ドリンクやゼリータイプの食品で補給

最近では、栄養補給タイプのドリンクにもプラセンタが配合されているものも増えてきました。

サプリに比べて即効性においてはやや期待できるので、その時々に応じて利用してみるのもいいかもしれません。

 

肌から吸収させても効果的

分子が大きすぎるコラーゲンはほとんど肌からの吸収はできませんが、プラセンタは経皮吸収が可能なので、化粧品として利用しても十分効果を得ることができます。

とくにブースターとして使うと、次に使うものの浸透をアップさせてくれるのでおすすめです。

 

馬プラセンタを有効利用

woman&horse

更年期のサポート役として

プラセンタはエストロゲンの分泌をサポートする働きがあります。ホルモンバランスが乱れると更年期障害などの症状が出ることがあります。

ホルモンバランスを整えてくれるプラセンタは更年期のサポート役として最適です。

 

肌をきれいにする

昔から馬油は火傷の特効薬として重宝されてきました。馬油は人間の脂質と似て馴染みやすく、塗り続けると傷跡が目立たなくなると言われます。

同じ馬の胎盤から抽出される馬プラセンタも同じような効果が期待できます。

 

化粧ののりをよくする

プラセンタはターンオーバーを正常化してくれるので、ダメージを受けた肌のサイクルを整え健康な肌に導いてくれます。

またメラニン色素の生成にかかわるチロシナーゼという酵素の働きを制御するので、シミやそばかすを防いでくれ、バリア機能を高めてくれます。

 

まとめ

プラセンタの中では、医薬品として認められているヒト由来のプラセンタが一番効果がありますが、医薬品のため医療機関で注射をしなければならない、また続けるとなるとコスト面でも引っかかるところではないでしょうか。

アミノ酸が豊富な馬プラセンタは、ヒト由来プラセンタの次におすすめできるプラセンタです。

食品としてのカテゴリーなので、手軽に摂ることができ、また品質も安全性が認められているので安心してお使いできるものです。

比較的高価と言われる馬プラセンタですが、値段以上の素晴らしい価値が見いだせると思います。

-プラセンタの効果

Copyright© プラセンタLife , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.