pig

プラセンタの効果

豚プラセンタの安全性はいかに?選びかたのポイントはコレ!

投稿日:

巷で評判のプラセンタですが、現在市場に流通しているものは、豚プラセンタが多いのが現状です。

豚プラセンタはお手頃な価格で手に入り、流通量も多いのがその要因です。

しかし安全性に問題はないのでしょうか?

実際、そのような声をよく耳にします。

豚プラセンタの選びかたについて考えてみましょう。

 

豚プラセンタとは?

 

もっともメジャーなプラセンタ

豚プラセンタがもっとも多く流通されているのは、豚は多産であるため大量に胎盤を採取することができるからです。

現在市場で流通されているプラセンタのほとんどが豚というのは、絶対数が多いからにほかなりません。

 

値段が手ごろなので継続しやすい

流通量が多いということは、おのずと値段にも反映され、手ごろな価格で入手できます。

20年ほど前まではまだまだ珍しく価格も高かったのですが、近年は高品質なものが手ごろな値段で購入できるようになりました。

プラセンタは長く継続していくことで効果を実感する方が多いものです。価格が高く継続困難になっては意味がありません。

継続するには、高品質で安価であるということも重要な要素ですね。

しかし中にはお粗末な製品もあるので、見極めが必要です。

 

副作用がほとんどない

豚の体組織は人に近いため免疫的な抵抗が少なく、親和性が高いという面もあります。なのであまり副作用はないと言われていますが、中にはアレルギーの原因となる場合もあります。

日ごろから豚肉を食べてかゆみや発疹ができるという方は注意が必要です。

 

選びかたを抑えれば豚プラセンタは使いやすい

pig

飼育方法をチェック

実は豚はきれい好きな動物です。

養豚場は不衛生なイメージがありますが、これは施設によってさまざまというのが現状です。

衛生環境が悪い養豚場だと、感染を防ぐために飼料に抗生物質を混ぜて投与することもあります。そうなると肉だけでなく、胎盤の品質にも影響を及ぼします。

これらのプラセンタは製造過程で不純物を取り除いて製品化するので、人体に影響を及ぼす心配はありませんが、同時にプラセンタの有効成分も一緒に取り除かれてしまいます。

安価な豚プラセンタは有効成分が万全ではないということを念頭においておかねばなりません。

 

日本SPF豚協会の基準をみたしたもの

出典先:日本SPF豚協会

そのような飼育方法に疑問をもち、衛生環境を整え、飼料に抗生物質を一切排除し、飼育に手間をかけ、よりよい品質の豚を生産しようと育てられた豚に「SPF豚」の認定が与えられました。

 

これは豚の品種ではなく、日本SPF豚協会によって厳格に定められた基準を満たした豚に認定されたもので、平成28年3月現在で、国産の豚肉のうちSPF豚認定農場産は10%強、農場数は4%強と言われています。

 

SPFとは、Specific(特定の) Pathogen(病原体) Free(無い)の略で、あらかじめ指定された病原体を持っていないという意味です。

 

SPF豚の認定を受けた豚は独特の臭いが少なく、抽出された豚プラセンタは、飼育段階でも感染症のリスクは少なく、製造段階でも抗生物質を取り除く処理も不要なため、安全で高品質なプラセンタです。

一般の豚とは数倍以上の有効成分を残し製品化することができるSPF豚プラセンタは、このような理由から若干価格が高めになっています。

 

shino
安心して使い続けるには多少高めでもSPF豚認定のプラセンタがいいわね。

 

 

豚プラセンタの摂取方法

馬プラセンタに比べやや劣ると言われている豚プラセンタですが、実際のところその有用性に大差ないようです。

私たちが使う製品をグレードで示すと、

医薬品>食品>化粧品という順番で衛生基準が厳しくなります。

医薬品としてのプラセンタはヒト由来のみとなり、サプリメントや化粧品に使われるのは、馬プラセンタか豚プラセンタになります。

特に経口摂取であるサプリメントについては、高品質なSPF豚プラセンタから抽出したものを選ぶといいでしょう。

化粧品の場合、SPF豚プラセンタが十分配合されているものは、お値段もそれ相当です。

 

まとめ

国内のプラセンタ製品は圧倒的に豚プラセンタを原料としたものが多く、最近ではプラスアルファで同時にいろんな成分を配合した製品も多くなってきています。

プラセンタ以外の成分が自分に合うかどうかもしっかりチェックして商品選びをすることが大切になってきます。

あれこれ成分を欲張りすぎると、本来のプラセンタは少ししか配合されてなかった…ということも起こり得るので、成分内容はチェックしておきましょう。

-プラセンタの効果

Copyright© プラセンタLife , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.